読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃん吉ブログ

ブログのタイトル変えました。家族の事や、ペットの猫の事、投資や趣味、時事ネタや日々思う事を書いています。

棚卸の季節ですね☆

どーも、じゃん吉です。

 

さて、明日は3月31日、年度末となります。

多分ですが、全国の社畜の皆様方におかれましては、辛い時期である事でしょう。

 

棚卸

 

弊社、ええ弊社は製造業ですので、それはそれはたっくさんの資産がございまして、

まだ入社したての新人ですからー、てへっ☆

なんて甘えは許されませんええ。駆り出されます。

 

とはいえ、いくらか前職よりマシかなー、と思った点がありまして、

基本的に半日で終わるようです。

前職では、(担当のミスによって)日付変更まで拘束され、

肌寒い3月の夜空の下、手元も見えないし小雨降ってくるし、

やってられっかバッキャロー!とかやさぐれてみたり、

部長のポケットマネーによって支給された、1杯の牛丼に癒されてみたり、

課長の意外な優しさが垣間見られ、少しだけ尊敬の念がこみ上げてきたり、

係長がどこにいるのかわからなくて、構内散々探して回る羽目になったり、

主任は、意外と早食いでビックリ(多分カップラーメンよりスピーディ)したり、と

なんとも味わい深い一日を過ごしたなあ、なんて思い出されます。

 

棚卸ですが、会社毎に様々な考え方があるのでしょう。

私が勤めておりました会社では、月ごとに理論値で合わせる「月末在庫」

なる考え方があり、年度末には実数でカウントする「大棚」なる仕組みにて実施しておりました。

この「大棚」制度、年一回のイベントのようなもので、

3月31日は、すべてのラインを止め、カウントに専念します。

生産はストップしますが、出荷業務は止まりませんで、

私は物流係に配属していた関係で、通常時間は通常業務に振り回され、

時間外は出来の悪い同僚社員に振り回されます。そんな一大イベントでした。

 

そんな経験をし、思うのは、

新たな会社ではどんなイベントになるのだろう、と。

 

少しだけ、ほんの少しだけ、明日が楽しみです。