読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じゃん吉ブログ

ブログのタイトル変えました。家族の事や、ペットの猫の事、投資や趣味、時事ネタや日々思う事を書いています。

LAMY トライペン

どーも、じゃん吉です。

 

レビュー系の第一回は、普段使いに大活躍しています、

三色ボールペンの紹介です。

 

LAMY トライペン

f:id:usagijunkiy:20170326210715j:plain

素材はステンレス、ヘアライン加工を施された、3wayボールペンとは思えない位の、

細身のペンです。

ドイツの、オシャレな筆記具メーカとして、有名なLAMY社の製品です。

とは言え、筆記具好きでなければ聞いた事のあまりないメーカーだと思います。

私自身も、この製品に関して情報収集した際、それほど多くの情報に

触れる事が出来ませんでした。

万年筆については結構な情報で溢れていたんですけどねー…

 

 

[目次]

  1.  最初にパッケージ外観から
  2. 中身は3wayです
  3. 評価編
  4. 総評

最初にパッケージ外観から

f:id:usagijunkiy:20170326211957j:plain

パッケージ自体にそこそこのラグジュアリー感があります。

そもそも、筆記具としてはそこそこ高価で、定価で1万円!します。

高級品です、だからこそ、イイ!

f:id:usagijunkiy:20170326212510j:plain

内容物は、本製品および取り扱い説明書です。

私は、Amazonにて、並行輸入品を購入しました(15年1月頃購入)

内容物は、製品の特性上、これ以上はないのかも知れませんね。

※ちなみに替え芯等は付属しておりません。

 

 

中身は3wayですf:id:usagijunkiy:20170326211846j:plain

黒ボールペン、0.5mmシャープペンシル、オレンジマーカーの3wayタイプです。

オレンジマーカーは、いわゆる蛍光ペンです、太さはおよそ1.2mm幅です。

替え芯を交換して、黒、赤、青の3色ボールペンとして使うのも良いと思います。

 

 

評価編

ここからは評価編です。

独自基準で、

  • 使いやすさ
  • 使いにくさ(不便を楽しむ)
  • 楽しさ
  • コストパフォーマンス

の4点について、五つ星で評価していきます。

 

  • 使いやすさ ☆☆

正直、使いにくいです。

ノック式ではなく、本体をひねって、色を選択するタイプです。

また、シャープペンシルについては、一旦分解し、リフィル(替え芯の意)を

外してから、シャーペン芯を入れます。

本体が細い(単芯タイプほどの太さしかありません)ので、携帯製は良いです。

会議の場では、きっとデキる男を演出できるでしょう。スマートです。

 

  • 使いにくさ ☆☆☆☆

使いやすさの項目で書いた通りですが、この使いにくさを許容できるか?です。

正直、道具としての日本製は最強です。わざわざ外国製品に手を出すのであれば、

道具としての便利さより、道具として自分が好きか?だと思っています。

本体がステンレス製の為固く、長時間筆記すると手が疲れます。

インクは、お世辞にも良いとは言えません、書き始めにインクが掠れます。

しばらくすると若干粘性はありますが、掠れる事なく書けます。

もっとも、このインクの残念感は、後述するとある理由により綺麗に解決しますが。

 

  • 楽しさ ☆☆☆☆

とても個人的な評ですが、楽しいです。

見た目はとてもシンプル、主張しすぎず、かといって安っぽくない、

非常に壊れにくく、一生とまではいきませんが、長く愛用できます。

外国製品は筆記具に限らず、使い込むと味が出てきます。(個人評です)

 

  • コストパフォーマンス ☆☆☆☆

リフィルですが、当たり前ですが輸入品のカテゴリです。

一本あたり400円ほどだったと記憶しています。専門店で買えます。

コスパ悪いじゃん」と思いますよね、輸入品だし筆記具専門店じゃないと

買えないし。でも、コスパをよくする裏ワザがあります。

 

日本のボールペンのリフィルが使えます!

 

どういう事かと言いますと、世界共通の規格として、

「4C」規格というものがあります。

日本の各筆記具メーカーで製造されており、普及品は80円程度、高級品と言われるものでも200円程度です。

f:id:usagijunkiy:20170326221525j:plain

こういう物です。

ただし、社外品ですので、いわゆる使用に対しては「自己責任」です。

結果的に壊れてしまった場合、保証は効かないでしょう。

ただし、ネット上で調べる限り、ゼブラ社の4cリフィルを使用しなければ問題内容です。(ゼブラ社の物は若干太く、使い続けると差込口が広がってしまう様です)

書き味については、さすがに日本製、滑らかに気持ちよく書けます。

純正リフィルとはけた違いの書き味にアップグレードしてくれます。

 

 

総評

国産のボールペンはダサい、とか、安っぽい、とお思いの方、

お客様の前で筆記具を多用する営業職の方、

人と違う物を所有したい方、

外国製品が好きな方、

一つの物を大事に愛着を持って使い続ける方、

そういった方に向く製品だと思います。

 

しっかり作り込んでいる分、価格は高めですが、

ひっくるめて納得できる製品だと思います。

私は、およそ1年程、毎日使っていますが、

使い込む度に愛着が深まっていく、良い道具だと思います。

 

最後に、これまた私愛用の、モレスキンの手帳との2ショット画像を載せます。

f:id:usagijunkiy:20170326223755j:plain

素敵な相棒です

 

 

じゃん吉でした。